「車検証」を紛失した時の再発行方法・費用について解説

皆さんは、「車検証がない!?」となった時、非常に焦ってしまう事でしょう。車検証が車にないということは、確かに非常に問題のあることです。では、車検証を紛失したときは、どの様にしたらよいのでしょうか?本記事では、再発行方法や費用について解説します。

スポンサーリンク

「車検証」を紛失した時の再発行方法や費用は?

車検証イメージ

車検証を紛失した時は、どのようにすればよいのでしょうか?まずは、再発行方法や費用について解説します。

使用の本拠地を管轄する運輸支局にて再発行

一番重要なことは、自動車検査証(車検証)を紛失、盗難又はき損したときに再交付する場合には、所有自動車の使用本拠地を管轄する陸運支局や自動車検査登録事務所で再発行依頼をしないとならない点です。どこの支局でもできるわけではありません。

近年、市役所でとる住民票などは、他の市町村などからでも手配できるようになっています。一方車検証の再発行は、管轄の運輸支局でのみ発行できる仕組みです。注意しましょう。

車検証再発行=自動車検査証再交付の方法・時間は?

  1. 申請書:OCRシート申請様式 第三号様式。陸運支局にも用紙がありますし、管轄の支局ホームページからダウンロードすることも可能です。ここに記載事項を記入し、再交付を受ける理由も記載ください。
  2. 理由書:紛失や盗難などの理由を記載。ただしOCPシートに記載がある場合は、不必要です。
  3. 手数料納付書:自動車検査登録印紙300円。窓口で販売しています。
  4. 自動車検査証:き損又は識別が困難で、車検証がある場合に提出。無い場合は、OCR用紙に発見された場合は返納する旨を記載
  5. 使用者の委任状:本人以外が申請した場合
  6. 使用者・代理人の本人確認する書面:運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人登録証明書、顔写真付き身分証明書など 

車検証再発行=自動車検査証再交付は、運輸支局にて行います。支局の込み具合にもよりますが、1時間ほどで終了すると考えます。ただし混んでいるときは、3時間待ちというのもあり得ます。

関連記事

皆さんは、車を購入したときの車庫証明書(正式:自動車保管場所証明書)を自分でで申請したことはありますでしょうか?ここでは、車庫証明書を自分で申請するメリットや、借家での車庫証明書の申請方法や注意点などを解説します。 「車庫証明」を自[…]

車庫証明イメージ
関連記事

皆さんは、中古車購入や個人売買などで名義変更を行ったことがありますでしょうか。筆者は、名義変更手続きは今まで専門の方々に行ってもらっていました。とある理由から、自分で手続きすることに挑戦することになりました。今回は、車の名義変更を実際に行[…]

名義変更イメージ

「車検証」を紛失した時のリスク

走行風景

車検証を紛失してしまうと、どの様なリスクがあるのでしょうか?

道路運送車両法違反に該当してしまう

道路運送車両法第66条には、運転時に車検証と車検シールの添付を義務付けしていることが記載されています。

もし不携帯で捕まると同条第109条9項の規定によって、50万円以下の罰金が科されます。車検証の不携帯は、道路交通違反とはなっていません。道路交通法に基づく違反点数はないといえます。

車検証は、道路運送車両法でいうしっかりと車検に合格していて、公道走行して良いと云う証になります。わかりやすいところに車載しておくことが大事です。

車に関する手続きができない

車検証がないと、車に関する手続きもできなくなってしまいます。例えば、継続車検です。車検証がないと車検を受けられません。このほか売却や廃車の際にも車検証が必要です。

また任意保険を乗り換えようと考えたとき、車検証がないと引き受けしてくれません。こういったことから、車検証を紛失してしまったとき、直ちに再発行してもらうことが大切です。

「車検証」を紛失した時は?【注意点】

車検証

車検証を紛失したときは、一般的にどの様なことに注意すれば良いのでしょうか?

車内にないかを探す

とにかく本来車検証は、車載されているものなので、隅々まで車の中を調査して見つけ出す努力をしてください。必ずどこかに収納していると思う人は、下記の記事を参考に探してみてください。

関連記事

あると思っていた車検証が見当たらなくなったら、皆さんも非常に焦ってしまうのではないでしょうか?車検証は、基本的に車載しておくものです。本記事では、車検証の保管場所がわからなくなったとき、どの様な場所を探せば見つかりやすいかなどを解説します[…]

盗難による車検証紛失には注意が必要

車検証の紛失が、盗難によるものであると確定した場合は、車検証をもとに悪用されるケースも考えられます。警察にしっかり盗難届を行い、その後の悪用に備えましょう。