新車に「コーティング」は必要?費用は高くても効果「大」

皆さんは、新車購入などの際に勧められるコーティングについて悩んだことありませんか?コーティングするのを断り、後でコーティングをしたと言う方も多いかもしれません。本記事では、新車でコーティングすることが案外メリットが多い事などについて解説します。

スポンサーリンク

新車購入時のコーティングとは?【コーティングとは?】

インプレッサ スポーツ

そもそもコーティングとは、車にとってどのような有益作用などがあるのでしょうか?

車をコーティングすることで、紫外線などから守る

車の塗装は、今や日進月歩です。勿論キズや腐食が進まないように最新の技術が投入されてもいます。

ただ車は消費物ですし、外で使用されることから紫外線や虫の死骸、鳥のフンなども多くついてしまいます。新車塗装の上にコーティングをすることで、車に有害な物質から車を守る役目があります。

洗車キズなどが付きづらく、フレッシュな状態を保てる

水滴

車が汚れたら、洗車する事になります。人の手で洗車したり、機械洗車したりすると思うのですが、洗車することで傷が付くことが多いです。コーティングを施すことで、いわゆる洗車キズから車を守ることも可能になります。

また、洗車後の拭き上げについてもコーティングありの場合かなり楽になります。コーティングがしっかり効いていると拭き上げる前に、水滴が落ちたり軽く吹いただけですぐにきれいに拭き取れたりします。

関連記事

「初心者」の方が、車をいざ購入しようと考えた時、新車?と中古車?で悩むかもしれません。車購入は、大きな買い物でもあります。「初心者」なので、車をぶつける可能性も高いです。ここでは「初心者」が、はじめて車選びするときは、新車がよいか中古車が[…]

関連記事

今まで「通勤・通学」を公共機関を利用していた方が、車に変えようかなと思っている人も居るのではないでしょうか。では「通勤・通学」に使う車は、どのような車がベターなのでしょうか。本記事では、「通勤・通学」で使う車のおすすめ選び方を解説します。[…]

新車からコーティングするのがベター

cx-5

コーティングを施すのは、新車と中古車(扱いも含む)でどう違うのでしょうか?

新車時が一番傷が少ない!

新車は、納車されるまでメーカーのモータープール、ディーラー入庫、納車まで傷がなるべくつかないように処置されて、最終的に納車されます。ということは新車納車時が一番綺麗な状態であるという事になります。

一方中古車や新車から一定の期間が過ぎた中古車扱いの場合は、キズや鉄粉などが多く付着していることになります。そのため施工方法もコーティング前の下地作業が多くなります。傷の状態などによっては、コーティングしても消えない事もあり得ます。

新車からコーティングしている方がメンテナンスも楽!

新車からコーティングすることで、普段の洗車も楽になります。現在のコーティング剤は、かなり優秀だからです。親水性や疎水性のコーティング剤などがあり、ユーザー所有車の色や要望でチョイスすることも可能です。

コーティングしてある車の洗車メンテナンスは、していない車よりも楽であるといえます。

関連記事

皆さんは、車検を受ける前にシャーシブラックなどの塗装を下廻りにしますでしょうか?筆者在住の豪雪地帯では、このシャーシブラックと言う作業は必須となっています。本記事では下廻りのシャーシブラックについて掘り下げていきたいと思います。 シ[…]

新車時のコーティング費用とは?

新車時に行うコーティング費用や中古車(扱い含む)コーティング費用は、どの位かかるのでしょうか?

新車時のコーティング費用

コーティングの種類には、現在多くの種類があります。比較的安価なガラス系コーティングは、約6ヶ月〜1年位の寿命です。

ガラスコーティングは、3年〜5年くらい持つと言われています。更に上級のセラミックコーティングだと5年〜7年くらいが一般的な継続効果です。

おおよその施工費用

  • ガラス系コーティング:3万から5万円(ボディサイズにより変動)
  • ガラスコーティング:5万から7万円(ボディサイズにより変動)
  • セラミックコーティング:7万円~12万円(ボディサイズにより変動)

中古車扱いのコーティング費用

一方中古車や中古車扱いのコーティング費用は、一般的にコーティング前の下地処理が必要になります。

そのため上記新車時の価格よりも2万円前後プラスにかかるケースが多いといえます。また先程お話ししましたが、キズなどの状態によっては、キズを完全に消すことができず残ってしまう事もあり得ます。

新車時からコーティングするのが吉!

筆者は、新車を購入するのであれば、購入した時点でコーティングすることをおすすめします。とくにコーティングを施工するか悩んでいる人は、後で後悔しないためにもコーティングをした方が良いと考えます。

またコーティングをする際は、ガラスコーティング以上のランクのものをチョイスしましょう。