DIYで「パワステフルード」交換!手順や注意点は?

パワステフルードは、ドライバーのステアリング操作を楽にする為に日々酷使されています。このフルードは、1L前後が使用されています。案外少ない量ではないでしょうか。本記事では、パワステフルード交換しながら、手順や注意点を解説します。

スポンサーリンク

DIYでパワステフルードを交換する方法は?

パワステフルード交換

DIYでパワステフルードを交換する方法は、2種類あると思います。

方法①:リザーバータンクから入れ替える方法

リザーブタンク内のフルードを数回に分けて交換していく方法

  1. リザーブタンク内のフルードを抜き取り、新しいフルードを充填
  2. ステアリングを数回左右に据え切りする
  3. またリザーブタンク内のフルードを抜き、新しいフルードを抜く
  4. これを繰り返し、フルードがキレイになったら終了
  5. エア抜きが必要であれば、ハンドルを何回も据え切りする

方法②:リザーバータンク戻りホースから入れ替える方法

リザーブタンクホースの戻り側を外して交換する方法

  1. リザーブタンク戻りホースを外す(フルードが漏れるので袋などで対応)
  2. フルードをリザーバータンクに充填
  3. エンジンをかけて直ぐ止める
  4. これを繰り返し、新しいフルードに変わったら、エア抜き作業をする
  5. エア抜き作業は、ステアリングを左右に据え切りを数10回行う

どちらの作業も同じような時間で終了しますが、一度に抜ける量の多い方法②の方が新フルード率が高いと思います。

関連記事

ブレーキフルードは、車を制動するのに重要な役割を担っている油脂パーツです。ではブレーキフルードは、どのくらいの頻度でどのように交換するものでしょうか。本記事では、ブレーキフルードの推奨交換頻度や交換方法、交換注意点などを解説します。 […]

リザーバータンク油面
関連記事

車には様々な油脂が使われています。中でもATFは、ATミッションを正確に稼働させるための必須油脂です。本記事では、ATF交換の重要性・DIYでATF交換する作業手順や注意点・さらにATF交換方法には種類があることなどを解説します。 […]

ATF下抜き

DIYでパワステフルードを交換する【方法②】

パワステフルードを入れる

筆者は、方法②のやり方でパワステフルード交換したのが初めてでした。挑戦してみます。

リザーブタンクの戻り側ホースを探して外す

リザーブタンクの戻りホース

この方法は、トヨタディーラーに勤めていた方の話では、「トヨタでは、この方法でパワステフルードをいつも交換していたよ」とのことです。

まずは、リザーブタンク戻り側のホースを外します。フルードが出てくるので下に袋などを用意しましょう。そしてリザーブランク側には、丁度よいキャップなどを付けて漏れを止めてしまいます。

パワステフルードを足しながら交換していく

created by Rinker
NISSAN(ニッサン)
¥1,783 (2022/12/03 01:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

リザーブタンクに新しいフルードを充填して、エンジンをかけて直ぐに止めます。こうすることで、戻り側から古いフルードが出てきます。

これを繰り返して、戻りホースから新しいフルードが出てきたら入れ替え作業は終了です。この後エンジンをかけてエア抜きをするのですが、エアの混入量によっては結構異音がします。「ギューン、ブーン、ギュルギュル」などです。初めて作業した筆者は、かなりビックリしました。

ただパワステが故障したら、このような異音になるんだなと勉強にもなりました。

関連記事

スパークプラグは、車を安全に走行するのに必要不可欠なパーツです。そのスパークプラグ交換では、適切な工具を使用する必要もあります。本記事では、スパークプラグ交換や、スパークプラグ交換までのアクセスにおいて、必要とされる工具などの解説をしてい[…]

方法②でのDIYパワステフルード交換注意点

パワステフルード交換の注意点

方法②のパワステフルード交換では、どのようなことに注意したら良いでしょうか?

リザーブタンクからフルードが噴き出す可能性がある

エンジンをかけて止めた時に、リザーブタンクからフルードが「バッ」と吹き返す可能性があります。布などで覆っておくと良いでしょう。

エア抜きは、かなり大変な作業

方法②で作業した場合では、交換自体は方法①より早いと思います。ただエア混入率が高い可能性があり、エア抜き作業は結構大変です。

ハンドル据え切りを左右30回くらいした記憶があります。また方法②の場合は、1人でやるよりも2人で作業した方が楽な感じでした。

DIYでフルード交換する際は、方法①か方法②の方法があると思います。方法①の場合は、フルード交換作業は時間がかかりますが、都度エア抜きできる事から、後のエア抜き作業はほとんどいりません。

方法②の場合は、フルード交換作業時間は短いですが、エア抜き作業は掛かると考えます。どちらもパワステフルード交換に適した方法ですが、ユーザーのやりやすい方法でやるのが望ましいでしょう。