「スパークプラグ交換」に必要な工具とは?

スパークプラグは、車を安全に走行するのに必要不可欠なパーツです。そのスパークプラグ交換では、適切な工具を使用する必要もあります。本記事では、スパークプラグ交換や、スパークプラグ交換までのアクセスにおいて、必要とされる工具などの解説をしていきます。

スポンサーリンク

スパークプラグを交換するのに必要な工具 ~その①~

スパークプラグ交換の際には、スパークプラグを外したり装着したりする為に必要な専用ツールがあります。

プラグレンチが必要

created by Rinker
エーモン(amon)
¥763 (2022/10/05 19:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

特定の車のために用意するだけの場合では、その車のスパークプラグのサイズにあったプラグレンチを購入すれば費用負担は少ないでしょう。とくにDIYで作業する方で頻繁に車を乗り換えない方の場合は、一本のプラグレンチで長くスパークプラグ交換できます。

プラグレンチには、ハウジングの太さによって種類があります。車の走行距離が多くスパークプラグ交換が多めの方で、車の乗り換えも多いような方は、車種が変わるごとにプラグレンチを購入しないとならない可能性もあります。

プラグソケットとラチェットなど

プラグソケット

筆者が使用しているプラグソケットです。何種類かのサイズがあり、深さやソケット形状が若干違うものがあります。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥2,080 (2022/10/05 19:24:15時点 Amazon調べ-詳細)

ソケット形状が違うのは、プラグホールとプラグソケットが隙間なく真っすぐに入るディテールとなるための種類です(単純に使いやすさもあります)。

ラチェットとエクステンションバー

プラグソケットを使用する際は、別途ラチェットハンドルとエクステンションが必要となります。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥13,000 (2022/10/05 09:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

はじめてDIYする方は、上記のようなセットを購入しておくと、後々の車整備などでも役立つと言えるでしょう。

関連記事

自動車の整備にはたくさんの工具を利用します。しかし、すべての作業に対応できる分の工具をまとめて揃えるのはかなり大変です。 そこで今回は最低限、これだけ揃えておけば大体の整備はこなすことができる、必須工具を紹介します。これから自動車を[…]

関連記事

自動車の点検や整備では様々な工具を利用しています。自分で車を触ったことが無い方や興味のない方にとっては聞き馴染みのない工具も多数です。 そこで今回は、これだけは覚えておきたい自動車の点検や整備で使うことができる各種工具の「種類」と「[…]

スパークプラグを交換するのに必要な工具 ~その②~

スパークプラグ交換では、スパークプラグを交換をする前にエンジン上部パーツを外す必要が出てきます(外さなくて良いものもありますが、最低限イグニッションコイルの取り外しは必要です)。

メガネレンチなどを購入しておく

一般的には、エアクリーナーボックスなどを一時撤去する必要が出てきます。そのためメガネレンチなどを必要に応じて使用することになります。なお、10mmのボルトは非常に折れやすいため、まずはボックスドライバーを使って回してみることをおすすめします

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥8,000 (2022/10/05 19:24:15時点 Amazon調べ-詳細)

メガネレンチは、今後のことも考えてセット品を購入しておくと便利でしょう。

ドライバーセットなどが必要になるケースもある

車のパーツには、ネジを使用して止めているケースがあります。特にホースなどの場合では、バンドにプラスやマイナスネジが使用されています。ドライバーセットを購入しておくと便利でしょう。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥4,800 (2022/10/05 19:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

ドライバーセットは、使いやすさもだけでなく、ドライバーサイズも重要になります。適切なサイズで使用しやすいものを購入することをおすすめします。

関連記事

車のタイヤ交換を自分で行おうと思った時、最低限必要な工具やあると便利な工具、注意点をご存知でしょうか。 車のタイヤ交換を自分で行なうために必要な「最低限の工具」と「注意点」、あると便利な「工具」などタイヤ交換チェックポイントを紹介し[…]

「スパークプラグ交換」に必要な工具とは? ~作業時の注意点~

スパークプラグ交換する際の注意点とは、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは、スパークプラグ交換する際にやってはいけない事などを解説します。

普通のソケットは使用しない

プラグレンチやソケットには、磁石が付いていたりターミナル部を支持・保護したりされる仕組みになっています。これは、プラグホールへ安全にスパークプラグを挿入し、プラグホールのネジ山をナメないようにするためです。

一般的なソケット(ディープ)タイプを使用してしまうと、プラグホールで脱落し電極を傷めたり、適切な隙間(電極と中心電極)が崩れてしまう可能性があります。

さらにスパークプラグがプラグホールにまっすぐ入らず、ネジ山を壊してしまう可能性も高まります。普通のソケットは使用しないようにしましょう

スパークプラグの「品番」に注意

スパークプラグを購入する際には必ず、品番が正しいものかを確認して取り付け時にも取り外したスパークプラグと見比べて、同じものであることを確認しましょう。

失敗事例として、スパークプラグの品番間違いによって正規よりも足が長いスパークプラグを取り付けてしまったことで、エンジンのピストンが傷ついたりシリンダが損傷したりして高額な修理費用になったということもあります。

車載工具にプラグレンチなどが入っていても・・・

車載工具の中に、応急のために交換などができるプラグレンチが入っている事があります。こういったプラグレンチは、応急という側面から使い方をマスターしていないとプラグの脱着に失敗してしまうことがあります

もし使用する場合は、取扱説明書を読んで使用方法などをチェックしてから使用しましょう。なお、車載工具の中にプラグレンチが入っている場合は、車載工具の範囲内でプラグ交換できることを示唆しています。