ディスプレイオーディオ対応「サブスク」徹底比較!機種別解説

トヨタ車で標準装備されることが多いディスプレイオーディオ。ディスプレイオーディオは従来のカーナビに比べてスマホとの親和性が非常に向上しています。そのため、ディスプレイオーディオでは「サブスク」を使って音楽を楽しみましょう。本記事では、機種ごとに使えるサブスク、おすすめのサブスクを解説します。

「ディスプレイオーディオ」で使えるサブスクについて

アルファードのディスプレイオーディオ

「ディスプレイオーディオ」では音楽を楽しむ方法として、スマホを活用する方法があります。その他オプションを利用してCDを再生したりUSBメモリに保存した音楽を再生したりできますが、やはり現在の主流はスマホを活用した方法になります。

まずは、ディスプレイオーディオとスマホを連携させることで使うことができるサブスクサービスについて解説します。

【iPhone/Android】Bluetooth

ディスプレイオーディオ Bluetooth

ディスプレイオーディオとスマホを連携させる方法として、従来のカーナビと同様の方法である「Bluetooth」機能があります。「Bluetooth」を使えば、スマホで再生している音楽(音声)をそのまま車で楽しむことができます。

しかし、ただ単に「Bluetooth」でディスプレイオーディオとスマホを連携させる方法では、ディスプレイオーディオ本来の能力を発揮することはできません。ディスプレイオーディオはスマホと有線接続することでより能力を発揮することができます。

iPhoneの場合は「Apple CarPlay」、Androidの場合は「Android Auto」と呼ばれるスマホの車用モードを利用することができるのです。これによって、ディスプレイオーディオ上から、従来のBluetooth接続では行えなかったアプリの直接操作や音声アシスタントの利用が可能となります。

本記事では、これらに対応したサブスクアプリをiPhoneとAndroidに分けて解説します。

【iPhone】Apple CarPlay

ディスプレイオーディオ AppleCarplay

iPhoneの方はディスプレイオーディオとiPhoneを有線接続することでApple CarPlayを使うことができます。接続するとiPhoneの対応機能やインストールされている対応アプリをディスプレイオーディオ上から操作可能です。

なお、Apple CarPlayの場合は上記のようなアダプターを利用することでCarPlayのワイヤレス接続も可能となります。

【Android】Android Auto

ディスプレイオーディオ AndroidAuto

Androidの方はスマホに「Android Autoアプリ」をインストール後、ディスプレイオーディオとAndroidを有線接続することでAndroid Autoを利用できます。

Androidの場合は、Android Autoにスマホを接続すると自動的にBluetooth接続の設定(ペアリング)も行われます

関連記事

トヨタ純正ディスプレイオーディオで再生できる「MP4」動画ファイルの作り方を解説します。ディスプレイオーディオのUSB動画再生機能を活用して、自分の好きな動画を車内で楽しみましょう。 【トヨタ】「ディスプレイオーディオ」再生可能なM[…]

ディスプレイオーディオでMP4動画再生

「ディスプレイオーディオ」でおすすめのサブスク ~iPhone~

ディスプレイオーディオ iPhone

iPhoneユーザーのディスプレイオーディオオーナーにおすすめのサブスクを順に紹介します。

関連記事

ナビやディスプレイオーディオのApple CarPlayにiPhoneが繋がらないときの原因と対処法をご存知でしょうか。Apple CarPlayが繋がらないときの原因と対処法、正しい繋ぎ方を紹介します。 【iPhone】Apple[…]

トヨタディスプレイオーディオ CarPlay

1位:Apple Music

iPhoneユーザーに最もおすすめの、ディスプレイオーディオで利用すべきサブスクは「Apple Music」です。「Apple Music」はiPhoneの標準機能でもあることから多くの方が使い慣れているインターフェースでディスプレイオーディオ上から操作を行うことができます。

また、Siriから操作を行うこともできるため運転中に「Hey Siri. ドライブ用の曲を再生して」など目を離すことなくハンズフリー操作を行うことができます。

2位:Amazon Music

iPhoneとAndroid両方のスマホを利用している方や、Amazonプライムを利用している方には「Amazon Music」がおすすめです。Amazonが提供するサブスクでありAndroid Autoにも対応しています。すでにプライム会員の方であれば追加料金無しで楽しめる曲も多くあります。

更に、Unlimited会員に加入することでより多くの曲を楽しむことができます。まずは無料体験を行ってみることをおすすめします。

3位:Spotify/LINE Music

同率3位のサブスクとして「Spotify」「LINE Music」があります。これらについてはすでにこれらのサブスクを利用している方が、自分が使っているサービスをそのまま使うと手間なく使えて便利なサブスクです。

新たにディスプレイオーディオで音楽を楽しむ目的でサブスクを選択する場合には、「Apple Music」もしくは「Amazon Music」をおすすめします。

ちなみに、この中でとにかく無料で音楽を聞いてみたいという方には「Spotify」をおすすめします。広告や一部機能制限はありますが、無料で視聴できる曲も多くあります。

「ディスプレイオーディオ」でおすすめのサブスク ~Android~

ディスプレイオーディオ Android

Androidユーザーのディスプレイオーディオオーナーの方におすすめのサブスクを順に紹介します。Android AutoではApple CarPlayと比較して若干使えるサブスクアプリが少なくなってしまいますが、どうしても使いたい場合には通常のBluetooth接続で従来通りの楽しみ方は可能です。

関連記事

Android端末をナビ・ディスプレイオーディオに接続しても、Android Autoに接続できないときの原因と対処法を「正しい繋ぎ方」と合わせて紹介します。Android Autoでお困りの方はぜひ参考にしてください。 【Andr[…]

1位:Amazon Music

Androidユーザーの方のAndroid Auto対応サブスクとして最もおすすめできるサブスクは「Amazon Music」です。その理由はApple CarPlayのランキングで紹介した「Amazon Music」のおすすめ理由に加えて、Android Auto上での操作性・安定性にあります。

Android Autoではデフォルトのサブスクサービスとして、「Google Play Music」が提供されてきましたが、「Google Play Music」については今後「YouTube Music」に統合されることとなりました。そのため、現状最も安定しており操作性にも優れているサブスクとして「Amazon Music」をおすすめします。

2位:Apple Music

意外かもしれませんが、実はAndroidでも「Apple Music」を使うことができます。iPhoneも所有していてApple Musicを利用している方はAndroid端末へ「Apple Muisc」アプリをインストールすることで利用可能です。

サブスクとしての「良さ」はAmazon Musicと同等ですが、Android Autoで利用した場合筆者の体感として使いやすさは「Amazon Music」に軍配が上がりました。

3位:YouTube Music

「YouTube Music」は、従来Androidでのデフォルトのサブスクであった「Google Play Music」と統合されたサービスです。サブスクとして音楽を楽しめる他、YouTubeの動画をバックグラウンド再生したりオフライン再生したりできます

しかし、「音楽を楽しむ」「ディスプレイオーディオで操作する」といったことを念頭に置くと、スマホで利用できるアプリ内で動画を再生したりおすすめを表示したりする機能はあるものの、「ディスプレイオーディオ上では動画を見ることができない」「YouTubeの動画をソースとする場合もあるので本家のアーティストではない曲が再生される」といった不満点があります。

4位:Spotify

Spotifyは有料会員にならずとも、音楽を無料で聞くことができるサブスクです。有料会員になることで広告スキップ等様々な機能が解放されるため、まずは無料で使ってみて気に入ってから有料会員になるとよいでしょう