【エブリィ】エアコンが効かない!?コンプレッサーDIY交換!

夏は、暑いというのは仕方ないことではあります。しかしながら昨今の日本の夏は、猛暑といえます。そんな中、エブリィのエアコンが効かないという事態が発生しました。猛暑でも快適に過ごせるようコンプレッサーをDIY交換してみることにしました。

スポンサーリンク

エブリィのエアコンが効かないときは?

エブリィ

エブリィのエアコンが効かないときは、どの様な原因が考えられるのでしょうか。

エブリィにエアコンガスが入っているか確認

エアコンガス確認

まずは、エンジン停止状態でエアコンガスが入っているかを検査します。上記画像では、レッドラインまでガスが入っています。これは、エンジン始動しエアコン稼働させると、値が下がりブルーラインになると予想できます。

エアコンガス不足ではなさそうです。

エブリィのコンデンサーファンが稼働しているか確認

エアコンスイッチを入れて、エアコンファンが回っているかを確認していきます。しっかりとファンは回ります。

エブリィのエアコン「オン・オフ」でコンプレッサーが稼働しているか確認

エアコンの「オン・オフ」を繰り返し、コンプレッサーのマグネットスイッチが入るかチェックします。通常は、「カチカチ」という音がするのですが、音がしませんエアコンコンプレッサー不良が濃厚になってきました。

エブリィでコンプレッサー不良が濃厚の場合

コンプレッサー不良の場合は、コンプレッサー交換が必要になります。エブリィの場合は、コンプレッサーだけの故障か探る必要があります。

コンプレッサーマグネットスイッチリレー故障の場合も

マグネットスイッチリレー

じつはエブリィには、コンプレッサーのマグネットスイッチを切り替えるリレーがヒューズボックスに入っています。この部分の不良が考えられます。

ホーンリレーと同じ形状でしたので入れ替えてチェックします。異常はなさそうです。ということでコンプレッサー不良と断定しました。

関連記事

エアコンをつけたら、「ヌルイ風が出てくる」事に遭遇した方もいるのではないでしょうか?ディーラーやスタンドなどで、エアコンガスの補充をお願いしたら、数千円~1万円近くの見積もりになった方も少なくないようです。ここでは、DIYでも注意すればエ[…]

関連記事

車のエアコンには「クリーンエアフィルター」と呼ばれるフィルタが取り付けられており、外部からの粉塵や花粉などの異物を除去したり、消臭したりしています。本記事では、クリーンエアフィルターをDIYで簡単に交換する方法について解説します。 […]

クリーンエアフィルターノーマル

エブリィのコンプレッサーをリビルド品に交換

リビルドコンプレッサー

エブリィの不良コンプレッサーをリビルドコンプレッサーに交換していきます。

故障したエブリィのコンプレッサーを外す

古いコンプレッサー取り外し

故障したコンプレッサーを外していきます。コンプレッサーは全部で4箇所のネジで止まっています。まずは、ベルトアジャスターボルトにかかわるネジの中で、ストッパーを担うネジを緩めて、アジャスターボルトを緩めていきます。

その後、下側のコンプレッサー取付ボルトを緩めて、エアコンガスホースのネジを外すと、コンプレッサーは外れます。

エアコンガスは、Lの方からチャージングホースで抜いておくと良いでしょう。

コンプレッサーを取り外した状態

コンプレッサーが外れました。エブリィの作業スペースは案外狭いです。けがをしないように注意して作業を進めましょう。

エブリィにリビルドコンプレッサーを取り付け

リビルドコンプレッサー取り付け

リビルドコンプレッサーを取り付けていきます。基本的に外すときと逆の手順で進めれば良いと考えます。

真空引きでエアコンガスを注入

エアコンガス充填・真空引き

真空引きをして、エアコンガスを注入していきます。真空引きの方法は、下記の作業手順を参考にしてください。

関連記事

皆さんは、エアコンガス注入の方法で真空引きと言う作業方法があるのをご存じでしょうか?この真空引きとは、どのような作業をいうのでしょうか?本記事では、エアコンガスの真空引きの意味やDIYでの作業方法、注意点などを解説していきます。 D[…]

エブリィのコンプレッサー交換では?

コンプレッサー交換注意点

エブリィのコンプレッサー交換の際には、どの様な点に注意すればよいでしょうか?

コンプレッサーを稼働させるファンベルトも交換する

ファンベルト

コンプレッサー不良や故障ということは、かなりベルトにも負担がかかっていたと予想されます。

created by Rinker
バンドー(Bando)
¥1,093 (2022/11/29 13:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

ベルトも一緒に交換することで、後々のトラブルも防げるでしょう。

エンジンは、できるだけ冷えてから作業しましょう

筆者もすごく思ったのですが、とにかくエンジンルームは暑くなります。火傷などにならないように、日陰に一日くらい停めておいてから作業するのが良いでしょう。

またエンジン下回りも暑くなっていきます。熱中症などにならないためにもなるべく冷めた状態からスタートすることをおススメします。