車の「ナンバー変更」の方法・費用を解説!

同じ市内の所から車検付きで中古車を購入する場合、前の持ち主が付けていたナンバーを引き継ぐことが一般的です。ただ前の持ち主に直ぐに解ってしまい、あまり気持ちの良い物でもないです。本記事では、ナンバー変更の方法や費用を解説します。

スポンサーリンク

車の「ナンバー変更」をしたいって?【理由】

希望ナンバー

まずは、どうしてナンバー変更したいのかという理由を推察してみます。

好きなナンバー(希望)に変更したいというのが、一番多い理由

一番多いのは、愛車に「希望ナンバーを付けたい」と考えて、ナンバー変更したいと言うのが、一番多い理由ではないでしょうか。

また、中古車の場合前の持ち主が、希望ナンバーにしていて、そのまま引き継ぎたくないためナンバー変更すると言うケースも多いようです。

そのほかたまたま、4499、4989、4441など余りにも不吉なナンバーが付いているので、変更したいという人もいるかと思います。

ナンバーが読み取れなく、再発行できない場合

車に乗っていると、色々なことが起きます。例えばナンバーの文字の部分が消えてしまったり、ナンバープレートをぶつけてしまい、折れ曲がってしまったりした場合です。

2021年からナンバープレートに関する法律が、厳罰化されました。認識しづらい時点で、違反という事になります。これは、故意にナンバーを折り曲げているだけでなく、事故などで折れてしまった場合も同様に罰せられます。

ナンバープレートが、読み取れないほど劣化したり、グチャグチャになった時は、同じナンバーで再発行せず、違う番号での発行になります。

例えば、ナンバープレートが落ちてしまったりした時も、防犯のためにナンバー変更となります。

ナンバー再発行とナンバー変更の違い

再交付とは、盗難など以外でナンバープレートが汚損してしまったケースで行われる手続きです。前後二枚とも正規の形でナンバープレートが返却できることを指します

再発行とは、同じ番号のナンバープレートを発行してもらう事となります。

再交付の流れや概算費用

再交付の流れと概算費用を順に見ていきます。

まずは申請

  • 自動車登録番号標再交付・交換申請書は、運輸支局登録窓口にて入手可能
  • 運輸支局の承認を受けてください。

即日下記の内容を行う

  • 自動車検査証(車検証)
  • 運輸支局の承認を受けた自動車登録番号標再交付・交換申請書
  • ナンバープレート代
  • 自動車登録番号標再交付引換証

交付日が決まり、ナンバーを取り付ける

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車登録番号標再交付引換証
  • 返納するナンバープレート
  • ナンバープレートを取り付ける自動車(封印取り付けがあるため、取り付ける車が必要)

おおよその費用は、2,000円です。

関連記事

皆さんは、中古車購入や個人売買などで名義変更を行ったことがありますでしょうか。筆者は、名義変更手続きは今まで専門の方々に行ってもらっていました。とある理由から、自分で手続きすることに挑戦することになりました。今回は、車の名義変更を実際に行[…]

名義変更イメージ
関連記事

皆さんは、車を購入したときの車庫証明書(正式:自動車保管場所証明書)を自分でで申請したことはありますでしょうか?ここでは、車庫証明書を自分で申請するメリットや、借家での車庫証明書の申請方法や注意点などを解説します。 「車庫証明」を自[…]

車庫証明イメージ

車の「ナンバー変更」の方法と費用

車とお金

自ら希望してナンバー変更したい場合は、どのようにしたらよいでしょうか?

どうしても今のナンバーを変更したいとき

皆さんの中には、割り当てられたナンバーが気に入らなかったり、元々付いていたナンバーを変更したいと思っている方もいると思います。

その場合は、どのような手続きで変更すればよいのでしょうか。

  • 申請書:OCR シート第3号様式
  • 手数料紊付書:自動車検査登録印紙を貼付
  • 委任状:代理人による申請の場合に限り必要
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート
  • その他理由書:ナンバープレートが返却できない場合に限り必要となります。警察署吊・届出日・受理番号の記載、所有者又は使用者の記吊のある理由書
  • 予約済証:希望ナンバーや図柄入りナンバーの申し込みをした場合に限り必要

ナンバープレート交付手数料:約2,000円(希望、図柄入りナンバーは除く)、希望ナンバーは5,000円前後、図柄ナンバーは8,000円前後です。

またナンバー変更の要件として、今あるナンバーを何の理由もなく変更することはできないとされています。例えば、汚損・メッ損したり、紛失したりしたときに可能という事です(割り当て番号)。

筆者の体験からですが、どうしても今のナンバーは気に入らないけど、希望でなく割り当ての番号にしたいときは、要件にあうようにすれば良いと思います。

どうしても今のナンバーを変更したいとき(希望ナンバー)

希望ナンバーの場合は、割り当てナンバーとは違い、欲しいナンバーへの変更事由は要りません。希望ナンバーの中でも、人気ナンバーは抽選となっている管轄地域がほとんどです。

例えば、杉並区ナンバーだと

17888
333555777888
1111333355557777
8888

抽選ナンバーは、管轄の地域によって違いがあります。一度確認するとよいでしょう。抽選以外のナンバーであれば、おおよそ10日程で交付されます。

申込方法は、大きく分けて3種類あります。

  • 希望ナンバー予約センター窓口で申込む方法
  • FAX・郵送等で申込む方法(予約代行手数料が必要です)
  • インターネットで申込む方法

希望ナンバー交付手数料(ナンバープレート代)は、5,000円前後となるケースが多いです。

関連記事

エアバッグは、事故の際に乗員の命を守る大切な装備です。実際に事故に遭ってしまいエアバッグが開くと、車は「廃車」になることが多いとされています。なぜエアバッグが開くほどの事故となると「廃車」になるのかを、なるべく解りやすく解説していきます。[…]

車の「ナンバー変更」するときは【ポイント】

車チェック

車のナンバー変更をするときは、どのような点に注意すればよいでしょうか。

やむを得ず変更するとき

ナンバーを紛失したり、盗難されたり、または事故などで折れ曲がってしまった時など、意図せず発生した時で文字などが鮮明にない場合は、ナンバー変更となります

希望して変更するとき

希望ナンバーに変更したいときは、先述した方法で申請することでナンバー変更することが可能です。