「車」を「個人売買」するときの流れを解説

車の売買方法の中に、個人売買という方法があります。個人売買でやり取りするときの一般的な流れはどのようにしたら良いのでしょうか。また個人売買という特性上、注意する点も一般売買と違いそうです。本記事では、個人売買での流れや注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

車を個人売買するときは?【個人売買の流れ】

車を個人売買するときは、どのような流れで行うことが一般的なのでしょうか。購入する側と売却する側の両方の流れを解説します。

車を個人売買で購入する場合は?

アウトドアとフィールダー

はじめに車を個人売買で「購入」する時の流れを見てみましょう。

1.車の状態・価格等を相手側としっかり確認

個人売買の場合、売り主も車の状態をよくわかっていない場合や意図的に不利な部分を隠していることも考えられます。そのため、可能な限り現車確認を行いましょう

しかし、どうしても現車確認ができないこともあります。写真だけでなく、電話やビデオ通話などでしっかりと打ち合わせしましょう。間違ってもメールだけのやり取りは、避けた方が良いでしょう。

2.契約締結

売却側が作成した契約書の内容を確認し契約します。解らない内容はしっかり聞きましょう

3.代金支払

契約者と取り決めした支払方法で支払います。契約後全額を支払うのではなく、商品が到着してから半額支払うという方法も有効です。打ち合わせしましょう。

4.車両納車

車両が納車されたら、車のチェックをすぐにしましょう。トラブルを後から申請するのはルール違反といえます。

5.車検証・自賠責保険の名義変更

売却側から必要書類を頂き、購入側で変更手続きをします。

6.任意保険加入手続き

車両に乗るときまでに、しっかり任意保険に加入しましょう。任意保険加入では、車検証などの情報が必要になります。予めコピーなどを売却側から頂くと便利です。

車を個人売買で売却する場合は?

次は車を個人売買で「売却」する時の流れを見てみましょう。

1.車売却方法を検討・出品など

知人や知り合いに売却する場合は、こういった出品は要らないのですが、見ず知らずの人に売却する場合は、オークションなどを利用すると思います。その場合は、価格を設定して、写真撮影、詳細情報などを出品サイトに掲載することになります。

2.購入希望者に対して

購入側からは、色々な質問が来ることがあります。真摯に対応していきましょう。また、後々のトラブルを避けるためにもできる限り、購入希望者には現車確認をしてもらいましょう。

現車確認ができない場合には、メールだけではなく電話やビデオ通話を行ってリアルタイムで購入希望者が気になる部分の音や映像を見せるようにしましょう。

3.契約締結

購入側と合意したあと、同じ契約書を2部作成し契約を締結します。

4.入金確認

購入側と取り決めした方法で、代金が支払われるか確認します。

5.商品車両の引き渡し

代金の支払いが確認出来たら、早々に車両引き渡しの準備をしましょう。陸送手配の場合もありますので、予め陸送会社に予約しておく必要もあります。

6.車検証・自賠責保険の名義変更

売却側が用意する必要書類は、案外多いといえます。また間違えた書類だと、購入側が名義変更等を行えません。事前準備しておくと良いでしょう。

7.任意保険の変更・解約

売却した車に任意保険が加入されている場合は、変更や解約を忘れずに行いましょう。

関連記事

皆さんは、車を購入したときの車庫証明書(正式:自動車保管場所証明書)を自分でで申請したことはありますでしょうか?ここでは、車庫証明書を自分で申請するメリットや、借家での車庫証明書の申請方法や注意点などを解説します。 「車庫証明」を自[…]

車庫証明イメージ
関連記事

皆さんは、中古車購入や個人売買などで名義変更を行ったことがありますでしょうか。筆者は、名義変更手続きは今まで専門の方々に行ってもらっていました。とある理由から、自分で手続きすることに挑戦することになりました。今回は、車の名義変更を実際に行[…]

名義変更イメージ

車を個人売買するときは?【必要書類】

ここでは、車を購入する側と売却する側で必要な書類などを解説します。

車を個人売買で購入する側は?

購入する側で用意しておく必要がある書類は、車庫証明と印鑑証明です。車庫証明は、概ね1か月間有効です。印鑑証明は、3か月以内となります。

移転登録(名義変更)を本人が行うときは、委任状はいりません。当日申請書(OCR シート第1号様式)に記載し申請します。

車を個人売買で売却する側は?

売却する側は、購入側よりも用意する書類が多くなります

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状(本人が直接行く場合は不要)
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 住民票(車検証の住所と現住所が違う場合)

上記の必要書類に不備がある場合や不足している場合には、購入者が名義変更などの作業ができません。しっかりと用意しましょう

関連記事

「初心者」の方が、車をいざ購入しようと考えた時、新車?と中古車?で悩むかもしれません。車購入は、大きな買い物でもあります。「初心者」なので、車をぶつける可能性も高いです。ここでは「初心者」が、はじめて車選びするときは、新車がよいか中古車が[…]

車を個人売買する際は?【注意点】

車を個人売買する際には、個人間同士ゆえの注意点がありそうです。

個人売買では、ローンは組めない

個人売買で購入した車は、一般的に分割払いやローンなどが組めません。購入する側は、少なくとも現金(口座預金)の残高が無ければ購入できないことに注意しましょう。

個人売買特有のトラブル

1NZ-FE

やはり個人売買で一番心配なのは、取引最中、取引後のトラブルです。例えば、車代金を支払ったが納車されないとか、購入者が中々名義変更してくれないというトラブルです。

また、納車された車に納車時には気が付かなかったトラブル・故障が潜んでいることもあります。

こう言った時は、専門の弁護士などに任せないと解決しないことが多いようです。ここで重要なのは、しっかりと契約書類などがあるかという点です。口頭での売買は、ご法度です。

特に、車両の状態に関する事項については契約締結前に必ず書面を用いて確認を行っておくことが重要になってきます。